間接接合部に鋼管コッター法を用いた耐震補強工法
»ホーム
制震ブレース
 
(株)川金テクノソリューションHPリンク
http://www.kawatec.co.jp

アドバンス制震システムの間接接合部に低騒音、低振動、無粉塵かつ短工期で施工が可能な鋼管定着工法を活用することにより、居たまま制震補強が可能となります。また、間接接合部に高靭性モルタルを充填することで、割裂補強筋が不要となります。

「アドバンス制震システム」は2本のブレース部材と1本のダンパー部材で構成され、建物の層間に設置します。対角の接合部にピン接合された2本のブレース部材は、設計で算定された角度をもって中央でピン接合され、建物に水平変位が生じたとき、ダンパーは変位や速度に比例してエネルギー吸収量が増えるため、効率よくエネルギーを吸収します。

「アドバンス制震システム」は「鋼管定着工法」と組合せた性能確認実験を実施し、一般評定CBL ID002-08号を取得しています。